スポーツ障害

  • TOP
  • スポーツ障害

Sports disorder スポーツ障害とは...

スポーツ障害は成長期のお子様に特に多く見られます。
部活動などで朝から夜遅くまで全力でスポーツをする上で特に注意しなければなりません。

主な原因は「使い過ぎ(オーバーユース)」と言われています。

しかし、放っておくと障害を持ったまま、持病になってもおかしくありません。

まずは痛みを今すぐ軽減させることを優先しつつ、
発育・成長にも影響が出ないよう将来のことも考えた上で治療に専念しましょう。
ベストコンディションな状態で無理なくスポーツをしてほしいと考えています。

主な症状の紹介

オスグッド病

別名“成長痛”とも言われており、育ち盛りのお子さまに多いとされています。

成長段階で過度なスポーツ・部活動への取り組みなどにより、
自分の筋力を上回る量の運動をすることで、膝に大きな負担がかかり痛みが生じてきます。

まえだ整骨院の治療法 THERAPY

成長段階で痛みを伴うものもあるため、少し様子を見てから…と考えている方も多いと思いますが、
成長が止まったとしても痛みが治まらず、ずっと痛みがあるままの状態が続いてしまうということもあり得ます。

当院ではAKAという手技を用いてどこの病院に行っても治らなかった症状でも確実な効果を発揮します。
空手選手の中学二年生は一年間色々な病院に通いどんどんひどくなり膝が曲がらなくなった男の子、
当院の治療たった一回で膝が曲がるまで症状が改善しました。

オスグット病の治療の様子

テニス・野球肘

一般的に肘の内側に出る痛みを野球肘・肘の外側に出る痛みをテニス肘と言います。
どちらも使い過ぎによる関節の炎症や肘関節の動きの不具合による捻挫です。

まえだ整骨院の治療法 THERAPY

症状は肘に出ているのですが原因は身体の要「腰」の関節(仙腸・腰仙関節)のズレです。
当院ではAKAや筋膜調整という特殊な治療法を用い劇的な効果を発揮しています。

テニス・野球肘の治療の様子

水泳・野球肩

近年スマートフォン・DS等不良姿勢の原因が増え、姿勢が悪いお子様が激増しています。

その姿勢のままスポーツを行う為に
野球・水泳だと肩や肘、サッカー・バスケだと股関節、膝関節、足関節などに
負担をかけ痛みを抱えているお子様が大勢いらっしゃいます。

まえだ整骨院の治療法 THERAPY

当院では特殊な手技を施し姿勢改善も獲得できる治療を行います。
スポーツ障害においてフォーム、動きが悪い為に痛みが出ている方も多くいらっしゃいます。

院長は保健体育の教員免許を取得している為に数々のスポーツを経験している特性をいかし
どんなスポーツでもフォーム改善を行い現在の痛みだけでなく、今後痛くならないサポートも行えます。

子供の未来の為にまえだ整骨院に来院されることをオススメします。

水泳・野球肩の治療の様子

シンスプリント

ランナー・ジャンプ競技などに多く見られる症状で、スネの骨に沿って痛みが生じます。
基本的には過度なスポーツや使い過ぎにより症状が生じることが多く、偏平足の方もなりやすいです。

初期症状では運動している中も気付きにくく、終わった後から痛み出したり、
スネの内側の骨があったった際に痛みが生じることで気付かれる方も多いです。

まえだ整骨院の治療法 THERAPY

シンスプリントは腰、股関節、膝関節、足関節の動きの不具合で起こることがほとんどです。
スネに出ている痛みは症状なだけでその場所には原因がないです。
当院では原因である関節を治療するためどこにいっても治らなかった方が劇的によくなられています。

バスケットボール部の中学二年生女子は、
数々の病院を回ったのですが全く症状が改善せずどこにいっても運動の中止を促されましたが、
"まえだ整骨院"ではたった一回で痛みが取れました。

シンスプリントの治療の様子

有痛性外脛骨症

人間の全身に存在する骨の数は基本的に同じ本数となりますが、
稀に過剰骨と呼ばれる、骨を多く有する方がいらっしゃいます。外脛骨も過剰骨の一つです。

外脛骨は足の裏の内側、ちょうど土踏まずの上に位置する骨であり、
適度に足を動かす度に痛んだり、靴などの外的刺激で痛みが誘発されます。

まえだ整骨院の治療法 THERAPY

有痛性外脛骨は、過剰骨(余分な骨)が出っ張りとなって
痛みを伴うのが、一番の原因となるため、一般的には出っ張りを手術で治すことを推奨されてます。
ただし、主な原因は姿勢にあります。姿勢のズレが多きくなればなるほど、出っ張りも大きくなる。

"まえだ整骨院"では、姿勢の歪み、そのものを改善するよう施術いたしますので、
手術を行わなくとも、隆起や痛みを軽減することができます。

有痛性外脛骨肩の治療の様子